magazine HP
ストロボワイヤレスモデル撮影

プロカメラマン&モデル同行写真研究サークル「ミチフォト」


Q

カメラとストロボを離して撮影したい


A
従来方式の光通信方式と最新の電波方式があります。
言葉では光通信の方が新しそうですが、受光の向きや周りの明るさや障害物の影響で発光させれない事も多く、カメラと離せる距離も数メートルです。
最近は機器の向きや周りの障害物関係なく光らせる事が可能な電波方式が主流となっています。
電波の届く距離も数十メートルですのでモデルの背後にストロボを置きたい時などたいへん便利です。

純正で用意されてるオフカメラ用の電波方式ストロボもありますが(それぞれ、決められたカメラ、ストロボの組み合わせがある)若干(かなり)高価です。
純正なので信頼性は高く、メーカーによるメンテナンスなど利点も多いのですが、いかんせん屋外でストロボを使用しますと、落とす、倒れる(対策してても突風でスタンドごと倒れたりします)濡らす(雨での使用や海で波にに流される)、紛失する(使う場所が暗闇が多いので)等、けっこうハイリスクな環境で使用するのがオフカメラストロボです。
ちなみに落として壊した場合の修理代金は2万円ほどとなりますし、海への水没ですと修理不能となることがほとんどです。

そこで、最近流行りなのが中国や香港のメーカーが製造してる、これら電波式の送信機とその受信機能付きストロボです。
利点は、国内メーカーが製造するより安価な事です。
国内メーカーよりこういう商品に早く目をつけ、そしてすぐに製品化してしまうところも凄いところと思います。
とにかくどんどん出てきますので、この記事の更新も大変です!(笑)

そして様々なカメラメーカーに対応出来るところも利点です。
また、離して使うため地面に落としたりスタンドごと倒したり、忘れてきたりというリスクも高いため安価なのは多少助かりますね。
(純正ストロボの修理代より本体価格が安価です)

ただし、注意点もあります
純正ではないので(ある意味勝手に作っているので)カメラとの相性の問題
故障、不具合など修理の問題
理解が難しい中国語の取り扱い説明書
日本の電波法の技術適合(技適と言います)しているか?
などです。

ミチフォトで使っているGODOXの商品は日本の輸入代理店があり、量販店など店舗販売もされていて技適対応でもあり、日本語説明書と修理やサポートも代理店経由で可能です。
ヨドバシカメラでも購入可能です
(※amazon購入の物は「技適」対応製品でない可能性が含まれます)


おすすめの電波式ストロボ組み合わせ「GODOX」
送信機と対応したストロボが必要です



送信機(カメラのホットシューに取り付けて電波で発光司令を出します)
GODOX X-PRO 送信機(ミチフォトおすすめ)

EOSカメラ(C)、ニコンカメラ(N) ソニーカメラ(S)、フジフイルムカメラ(F)、PENTAX用は直輸入品でamazonにあるようです。

ストロボ
amazon購入ならばGODOX
TT600
V850Ⅱ (ミチフォトおすすめ)


機能は全く同一、単三電池式で入門用安価なTT600、リチウムイオン充電式でチャージが速いV850Ⅱ (チャージが速いのでこちらがおすすめ)
入門用ですがオフカメラは2灯3灯と多灯が魅力ですので無駄にはなりません。(その前に海に流されているかもですが)


GODOX AD200 ストロボ(ミチフォトおすすめ)


リチウムイオン充電式で200Wの大パワーの他には無いスペックのオフカメラストロボ。
チャージも速く、バッテリーも持ちもたいへん良く、それでいて比較的小型なのも◎!
とにかく日中シンクロはパワー勝負になる事が多いので、持っているといないとでは表現に大きく差がでると言っても過言では無いストロボでもある。

また、アクセサリー類も多くあり、ヘッド(発光部)延長コードのEC200を使えばスタンド上には発光ヘッド部だけにして本体は下に置き、風などによる倒れた時のリスク(トップヘビーを防げるのでバランス的に倒れにくくもなる)を大きく減らす事ができるのも良い。


ワイヤレスストロボの使用のコツ
露出はカメラもストロボもマニュアル(マニュアル露出・マニュアル発光)がおすすめです。
カメラとストロボが離れているので、カメラの自動露出の装置が正確な(撮りたいイメージにあった)絞り値、シャッタースピード、発光量にしてくれません。
ご自身で絞り値、シャッタースピード(カメラで決められたシンクロスピード以下)、発光量を調節です。
デジタル一眼レフですので、バランスを調整しながら背面モニターで露出を確認していけば良いです。


(代理店・ケンコープロフェッショナル/KPI)
http://www.kenko-pi.co.jp/brands/godox/
KPIショップ
http://www.kenko-pi.co.jp/d-shop/gx/

amazon
TT600
https://www.amazon.co.jp/dp/B078TGPDLR/

「ハレーション、フレア、ゴースト」が写ってしまいます


出る理由は
ガラス素材であるレンズ、つまり写真レンズの内部は、複数枚のレンズで構成さていますが
強い光源がその内部のガラスレンズに反射しあい、その反射が、ありもしない街灯の光をもう一つ
(あるいは複数)写真上に現わしてしまうという訳です。

解決方法

1・まずはフィルターを外してみる事です。
保護フィルターもガラスですのでこれを外しただけで解決する事もあります。
(ダメな場合もあります)

2・ハレ切り
手、帽子、手持ちの雑誌、理想は黒い板状のもので、レンズフードに入ってくる光を遮ることでハーレーションは出なくなります。
▶︎
これをハレ切りと言います。
ただし広角レンズなど画角が広いレンズだと、この切っている手などが写りこまないギリギリのところで固定するよう注意です

3・レンズを変えてみる
ダメな場合はレンズの性能によるのでレンズ交換で解決する場合も多いです。
出難いレンズが良いレンズとされてはいますがカタログ等でわかる物ではありません。
設計は出ない様作られててはいますが・・・

なのですが・・・
逆光の雰囲気を表現する場合に
わざとあえてこれを出す場合もありますので
表現手段によっては良い事もありますね。

Q
RAWで撮影したほうが良いですか?

まずはJPEGの説明から
カメラで撮影して出てくるJPEGの写真は、実はカメラの内部で画像処理されているのです。
どんな処理をされているのかというと、
撮影したものを、人間の目によく見えるように、『色とかコントラストとかを密かに?(笑)処理をして、又それを小さいデーターに変換』してから表示して記録しています。
この小さいデーターに変換することを圧縮と言います。
圧縮され るメリットは軽いデータになるので、WEBに使用する時に便利であったり、撮影時には連写がたくさん出来たり、SDに記録出来る枚数も増やせます。
ただし、小さいデータになってしまうので、カメラ本来の持つ高画質からは画質は落ちてしまいます。
キヤノンのCM等でよく聞く『デジック』が、このカメラ内部で処理をする画像エンジンというものです。


RAWとは日本語で『生』という意味です。
上記JPEGのような『圧縮』等をしていない『生』な状態で保存されたものです。
つまりカメラの持つ本当の画質=最高画質で保存されています。
なぜRAWがあると良いかと申しますと
RAWの写真はRAW現像という処理をして(現 像とありますがパソコンでのソフト処理の事です)、自分でWBとか明るさとか色等を変更する事が可能です。
『生』の状態から加工するので幅広い処理も出来ます。

その『RAW現像したものをJPEGに変更する

カメラで撮ったJPEGと何が違うかと言うと
1
カメラの画像エンジンが密かに処理したJPEGではなく、パソコンでご自身の目で確認した色あいのJPEGである。
2
カメラでJEPGしか撮っていないと、
そこでもう処理や圧縮されて保存されてしまうのでカメラ本来の持つ最高画質には戻れません。
RAWがあれば最高画質で保存されており、なおかつRAW現像からJPEGに変更しても
元のRAWはパソ コンに『生』のまま残っています。
つまり、
何度画像をいじくっても、それが上手くいかなくてもRAWは残っているので何度でも繰り返し処理する事が可能です。

今はRAW現像が上手くいかなくても、将来上手くなって再度やり直す事も可能です。
(JPEGでは元には戻れないのでそうはいきません•••)

一見ハードルが高そうですが
実は
後からやり直せると言う事は、
ある意味カメラ初心者に向いているRAWなのです


なので
RAWがあると便利ですね。
1番便利なのは
ホワイトバランス(以下WB)を決めるのって、撮影現場では難しくありません?
太陽光「晴天」なの?もしかして曇り?夜景なんか電球モードも良いって聞いた!
刻々とシャッターチャンスはやってくるけど
微妙な色だ決められない?いったいどれが正解なの???
『エイッ』と決めます(わからないから、もうWBオートでとか)
JEPGだけしか無いと、現場で決めたWBで決定です!
後には戻れません!

でも
RAWでも撮っておくと安心です。

撮影現場のWB設定なんて、何になっていても良いです。
極端 にいえば屋外でWB蛍光灯になって変な色に写ってしまっても大丈夫!
パソコンでRAW現像で簡単に他のWBモードに変更できます。
そしてこれはレタッチではありません
(ここが大事・JPEGだとレタッチになちゃいます)
あくまでもRAW現像です!

最後にRAW現像は手間もかかるので
カメラの設定は
RAW+JEPG
にして、すぐ見る、すぐWEBに使いたいはこのカメラで撮ったJEPGが便利です。
あと
データ量の多い(圧縮されてない)RAWを記録するために、SDの容量も32GB以上のもの(出来れば2枚くらいは)が必要です。
ここがデメリットです。

フォトアドバイス
写真実践講座「RAW現像レタッチ」

アドビ Lightroomを使用したRAW現像と
アドビPhotoshopを使用するレタッチ学習講座

Q
adobiRGBかsRGB
adobiRGBかsRGBかですが
『プロの方はどちらの設定ですか?』

adobiRGBに入れぱなしです。(切り替え忘れのリスク軽減も含め、下記WEB用途でも入れぱなしです)
なぜなら
adobiRGBは、雑誌、書籍、パンフレット、ポスターなど商業印刷物はこれで印刷されているからです。
印刷原稿を撮影しているプロはこのadobiRGBを使います。
adobiRGBは
色域が広いのが特徴ですが
ただし、一般のWEB使用やプリント(いわゆる写真プリント)では色が違ってしまう事があります。


sRGBはこのWEBや写真屋さんでのプリントに適しています。
ですので、アマチュアカメラマンやプリントを主とする婚礼写真家などはsRGBが便利だと思います。




色域が広いadobiRGBで撮影しておいて
手間が必要ですが、
現像ソフトでRAW→JPEG変更時にsRGBにという方法を使用しています。


Q
ISOオートは便利でしょうか?


ISOオートは便利面もありますが
勝手に上がり過ぎる部分もありますので出来れば状況に応じて、ご自身でISOを使い分ける方が明るさとブレリスクを見抜く経験値は上げられますね。


注意は
一度上げて下げ忘れると明るい場所なのにザラザラ写真になりますのでその都度注意するクセは必要になります。

機械やオートに頼らないという意味でも
趣味としての写真の楽しさも上がると思います。

ISOは


多くのカメラの基本ISOは100です。
(機種によりISO200もあります)
この基本最低感度が最も描写力には優れています。
つまり、感度が低い方が写真の細かさ描写力は上がります。
だんだん感度を上げていくと暗さには強くなりますがザラザラは増えて行きます。
理解しやすく言うと暗さに強くするため無理をするので、その分ザラザラになってしまいます。
普段は
ISO100〜400がこのザラザラを気にせず撮れる数字です。


ISO感度の関係は
100が基準で(繊細・綺麗)
2倍の感度が200(繊細・綺麗)
そのまた2倍が400(繊細・綺麗)
そのまた2倍が800(ややザラザラノイズが気になる)
1600、3200、6400・・・と続き上がるほどノイズは増長します。


Q
PLフィルターについて


PLフィルターは
水面やガラスの反射を消す,薄くする用途晴天の青空(曇りはダメ)をより青く強調させる用途のフィルターです。


池にいる魚を撮りたい時やショーウィンドウのい中の物を撮りたい時やインテリア撮影のガラスの反射など反射している部分を除去出来るフィルターです。
その反射除去の性質を利用して空などを撮ると大気中の水分や塵の乱反射も消えクリアに青空に写すことも出来ます。

と書くと良い事ばかりで
魔法のフィルターと思ってしまいますが(実際にそう思ってしまい付けぱなしの方が意外に多いです)
実はけっこうマイナスもあります。
自分もPLは持っていますが使う事はほとんどありません。
使うのはインテリア撮影のガラスの反射除去くらいです。


装着時のマイナス面
フィルターの濃さだけ暗くなる。
写真のレンズは特に十万円以上の高級レンズはその明るさにお金がかかっています。
2倍明るくなると価格が4倍なんてレンズもザラにあります。
ブレを防ぐシャッター速度、ザラザラにならない低ISO感度撮影などレンズは明るいほど、写真撮影に有利だからです。
PLフィルターは装着するだけで、そのレンズの明るさが1/2以下になってしまします。
これだけで、上記のフィルター効果の必要ない場所で使用するには、撮影が不利になってしまいますね。


もうひとつは
ハレーションやゴーストというレンズ(ガラス)の反射から起こる
写真に写る点々の光、ホワーッとした白ぽくなる写真。
これの原因がフィルターという事がよくあります。


使える角度も決まってます。
正面からでは反射は消えません。
ですので、ビルの窓から外の風景を撮る時も窓の蛍光灯などの反射は消えません。
斜めの角度からの反射のみ消えます。(正面から撮らなければ消えます)
青空効果も同じです。
太陽の角度と関係するので逆光の空は青くなりませんし広角で広い空で使うと、角度を選ばないと空が不自然にムラになります。
これは効果の角度が決まっているので、広い絵だと効果の差がムラになってしまいます。


上記のメリットとリスクを考えた上で
PLフィルターはデジタル一眼レフだと
『円偏光フィルター=サーキュラーPL』というものを使います。
『円偏光フィルター=サーキュラーPL』なら基本どれでも良いと思います。
(使う時だけ装着なので)


あとPLフィルターは寿命があります。(紫外線で色が変色してくる)
メーカーは2〜3年と説明しています。
実際には5年は大丈夫かな?とは思いますが•••(自分はあまり使わないので紫外線に当たらない?)

■CactusワイヤレスフラッシュトランシーバーV6
http://www.imagevision.jp/products/cactusv6.html


CactusワイヤレスフラッシュトランシーバーV6は、こちらのYouTube動画で使用しています。
純正ストロボ+CactusV6