magazine HP


ワイヤレスストロボ撮影(オフフラッシュ)

ワイヤレスシンクロ  ポートレート


画像に不具合が出ております。
修正中です、復旧までしばらくお待ち下さい

■ GODOX TT600 / V850Ⅱ


TT600 / V850Ⅱは発信機機能もありますが使用しないように、発進はX1(技適対応品)を使用下さい。
※カメラの露出モードはマニュアル露出モードを使用

風による倒壊(屋外だと対策しても突風でよく倒れます)、海辺での使用による潮かぶり、暗闇に設置したための置き忘れ等ワイヤレスストロボは常に故障と紛失(流失)のリスクがつきまとうため、比較的安価な直輸入品のGODOX TT600はリスクを抑える意味でリーズナブルな製品です。

(言葉は悪いですが、リスク回避の使い捨て気分で使用できます)

※保証書等が必要だと思う方はKPIの国内仕様のストロボをご用意下さい。

http://www.kenko-pi.co.jp/brands/godox/

GODOX TT600 / V850Ⅱ 使い方設定

TT600とV850Ⅱは同一型ストロボで使用する電池の違いと思われる

TT600は単三電池仕様

V850Ⅱはリチウムイオン電池仕様



【マニュアル発光にする】

MODE
押すごとに「M」と「Multi」に切り替わる
「Multi」は使わないので常時「M」

【電波受信状態にする】

MODE
長押し

セレクトダイヤルを回す

長押し→セレクトダイヤルを回すと
アンテナアイコン点滅/「S」スレーブモード

【ストロボ側での出力調整/ワイヤレス時は送信機で選択した数値になります)

「M」時、セレクトダイヤルを回すと
1/1 〜1/128〜0F
可変

【ストロボ照射角度の変更】

ZOOM
Fn

ZOOM 短押し→セレクトダイヤルを回すと
20mm〜200mmまで照射角が可変
通常35mm〜50mmが妥当

【ファンクションの切り替え】

Fn
長押しで「Fn/ファンクション」に
SETボタンで変更
SL・スリーブ時間/60(分)か OF(オフ)
FC・フォーカスアシスト/どこでも良い
bp・チャージのビープ音のON/ ビープ音は鳴らしたが楽
BL・バックライトの点灯/常時ON
OS・光スレーブ/OF、S表示


団体撮影では必ずOS・光スレーブ/OFに

SLスリーブ時間をOFにしているので、BLバックライトを常時点灯にしておけば
終了時の切り忘れ防止に気づきやすい。

【フォーカスアシスト、ハイスピードシンクロ/(あまり使いません)】

MF
H
MF/フォーカスアシストON OFF
H/長押しでハイスピードシンクロ/(OFF)


【多灯でそれぞれ出力を変える場合はグループで管理/Grは送信機と揃える】

Gr
CH
Gr/ 押すごとにA〜Eのグループ変更(任意)

【チャンネルの設定 /チャンネルは送信機と合わせる】


CH/長押しとセレクトダイヤルを回すとチャンネル変更(CH番号は任意、送信機と合わせる)

GODOX ストロボの違い


GODOX X1 設定

GODOX XPRO 設定

知っておこう

身近になってきた雨の中撮影

ストロボはコンデンサーで電気をためてます。

最近モノブロック並みにパワーも出るような製品も出てきましたね。

(ミチフォトでも使用しています)

1

雨、水辺、ストロボを濡らさない対策を

2

濡れた手で触らない

3

水気のある撮影はモデルにあまり近づけない

4

※浸水したら絶対光らせない

発光の確認しない!即引退!

ストロボ撮影

リスクも知って楽しもう!